2005年07月29日

おばちゃんデビュー

すぐ上の階に、息子と月齢が1ヶ月違いの男の子が住んでいる。
今の段階では本人達にその気はないが、息子の友達だ。
お互いの家で定期的に遊ぶようになった。
いわゆる私の「ママ友」となった、彼のママはとても若く見えるが7つ年上。
いまだに真実なのか、会う度に疑う程。
それはさておいて。
その遊んでいる最中。
(私に出されたお菓子を欲しそうにしている彼に向かって)
「ごめんね〜おばちゃんも食べたいのよ〜」

自らを「おばちゃん」と名乗る。
息子の友達からすりゃ、私は「おばちゃん」で当たり前なのだが
初めて口にする一人称が、妙に堂に入っている自分になぜか満足していた。
何故だ?

投稿者 akko : 2005年07月29日 22:45 | トラックバック
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?