2010年10月アーカイブ

深夜1時半過ぎ、激しい悪寒と吐き気で目が覚める。
トイレでもどした後は掛け布団と毛布を頭から被り震えながら眠りにつく。
明け方4時半、セットしていた目覚まし時計が容赦なく騒ぎだす。
頭がふらふらする。体温は38度。

でも今日は幼稚園の運動会。

私には弁当作り、という大仕事がある。双方の祖母が来るから6人分だ。
マスクをして途中解熱剤を飲み、7時には準備が完了した。

親子競技は夫に出てもらい、テントで休んでいる私はビデオ撮影に徹する。

どうして晴れの日はビデオの画面が見えづらいのだろう。
子供の活躍する姿は生で見たいし、後からじっくり子供の姿をビデオで楽しみたいし。
画面観たり、生で見たり、そのうちに体調の事はすっかり忘れ、
ビデオ片手に良いポジションを探すために会場内を移動。

次男のかけっこ。日頃からスローペースの次男です。
前々日に公園でスタートの練習、「お友達を見ない!」と鍛えた結果、
2番になりました!すごい!!

長男、クラス対抗リレー。
長男のチームは毎回練習でびりらしく悔しがっていた。
最後の練習で、アンカーの彼が二人追い抜き、4番になったとか。
「4番だったから、次は絶対に3番になるんだ。」と意気込んでいた。

アンカーの彼にバトンが渡される時、1位のチームがゴールするのと同時だった。
もう、縮めようの無いほど差が開いていた。
それでも必死で走る長男の姿をカメラ(動画ではない方)に納めた。
最後まで絶対にあきらめない、といった気合いの顔で走る姿に感動して涙が出た。

午後の組体操では、なぜか途中で長男の姿を見失う。あれあれあれ????

さて続きましては親の競技。母がビデオを撮るというため、教えるも
オンオフのスイッチを立ち上がる前に連打するという、ああもういかにも年寄り。
おもわず「だーかーらー」と声を荒げてもうた。
「撮れないかもしれないけど」と恐縮する母に
「私達の姿だからかまわない」と言い、入場門へ出陣。

夫婦揃って出場した障害物リレーは、
2位だった私が追い越し1位になりそのままバトンを夫に渡す。見事優勝!
これで私が参加したクラスのリレーは3年連続1位だー!!!きゃー!!
やっぱり運動会楽しーなー。

熊本に帰る義母を博多駅に送り、帰宅してからはビール片手にビデオ鑑賞。

・次男かけっこ、スタートでは映っている彼の姿も肝心のゴールでは
 フレームアウトして空が映っている。
 生の姿を見たいがため、視野に入っているビデオを上へ避けたと思われる。

・長男の走り姿の写真、そこでバッテリーが切れて撮れておらず。
 試しにとった前を走った別の子供の姿は悲しいかなある。
(ビデオは夫が別の地点から撮影していたため、無事)

・組体操、本人は映っているのに、他人と勘違いした私のパニックの声が入りフレームアウト、先生を写す。

体調がまたぶり返しそうな程、家族から白い目を向けられた。

そしてよく見えなかったからうまく映っていないかもと母から返されたビデオには
追い抜くシーンや前転など、私のトラック1周が確実に撮影されていた。
来年は、ことカメラに関して、私は大人しくしておきます。

IMG_4048.jpg

このアーカイブについて

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja