2006年2月アーカイブ

なぜか「録画」ボタンを押しやがるので、

私の大好きな「歌っておどろんぱ!」の録画が消えているじゃないかー!!(悲)
 
マジ切れ。

一ヶ月前くらいに犬を指差し「わんわんあった!」と二語分を発した。
その都度、(といっても少ないが、しかも犬限定だが)
生きてるものは「あった」ではなく「おった」よ、と伝えていると、
今では、「わんわんおった。」
おもちゃなどの探し物が見つかった時は「あった!」
と理解して使い分けている。
しかし「おった」は方言であって、正しくは「いた」だ。

息子が、洗濯機のお湯とりホースを風呂釜からひっぱり抜いた音が聞こえた。
湯とりした後のホースからは水が出る。また水遊びか〜と行ってみると、
吸水口の方を持って歌っている。しかもステップ付き。
おそらく、ドラネコロックンロールを歌う、うたのおにいさん風と思われる。
私と言えば歌番組に目の前のものをマイク代わりに歌ってしまう。
グラスとか、整髪料とか、油性太マジックとか。
今日の息子の自己陶酔っぷりに、自分の姿を反映して恥ずかしくなる。
(でもかわいかったので、隠しカメラで撮りました。)

節分の日から、我が家では
「子供が夜遅くまで起きてると鬼が来る」
という事になってます。
「鬼さんが来るよ」の一言で震え上がって縮こまって必死で眠ろうする息子。
あっさり寝てくれるようになりました。
遊びたい、寝たくない、痒い、でなかなか寝付かなかったさ。
掻く手や、布団にこすりつける足を押さえつける寝かしつけは私も体力がいるんだ。
脅すのが良いのか悪いのかわかんないけど、かなり楽になった。
寝付くまでの掻く時間が減ったって事で肌には良いだろう。
ま、夜中は掻いてるけどね。
鬼様々。ありがたや〜。(まだ4日目か。喜ぶのは早い?)

13時ごろ、商店街に鬼現る!

ベランダから下を見ると鬼4人と紅葉八幡のはっぴを着たおじさんたち数人が、
太鼓を鳴らしながら練り歩いていた。
ジャンバーも羽織らず、息子を抱っこして急いで降りて行く。

神社にある古い鬼の面をかぶって「うぉー!」と唸ってるから迫力満点。
境内で15時半から豆まきが行われる、との事で、
そのちらしと小袋に入った豆をもらいました。
息子は泣きもしなかったのですが、帰りのエレベーターでぶるぶると震えていました。
その後昼寝の寝かしつけで布団に入って本を読んでいると、
さっきの鬼達がまた戻って来たようで、太鼓の音が遠くから聞こえてきました。
まだ遊びモード全開だった息子が、うつ伏せになって丸まり、私にくっついて動かなくなりました。
鬼が通り過ぎ、太鼓の音も鬼の声もだんだん小さくなっていくうちに寝てしまいました。

恐怖心植え付けたかな?
なんか悪いことしたなぁ。
節分ねた、このブログでは3回目。早いな。

このアーカイブについて

このページには、2006年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年1月です。

次のアーカイブは2006年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja