2005年1月アーカイブ

TV

| コメント(16) | トラックバック(0)

息子はどうやら
「黒豆ココア」のCMに反応している。
氷川きよしのやつ。

子供が出来ると、洗濯物が増える。毎日毎日洗えど洗えど尽きる事のない作業。
あ、家事はみんなそうか。
この冬の曇り空、大量の洗濯物を朝からベランダで干したところで、
夕方のとりこむ時の湿っぽさはたいして変わらず。
という事で乾燥機能付き洗濯機を購入。わーい!新しい電化製品!
暖房(うちはガスファンヒーター)の効いた室内はかなり乾燥している。乾燥は赤ちゃんに悪い。
加湿器を購入。わーい!また新しい電化製品!
気化式の加湿器は冷たい空気が出る。結構寒い。暖房の温度を上げる。
そんな相乗効果の電気代値上がりを防ぐべく、一役かうのが大量の洗濯物。
室内に干せば、それなりの湿度となる。
頭の中で計算しながら、スイッチをつけたり消したり。
今日の天気は雨、日中は暖房がいらない程の暖かさだったので、
本日活躍したのは乾燥機能付き洗濯機でした。

根本的に楽して生きたい。
そんな私に仕事が増えた。離乳食作り。
今は1日1回の離乳食とはいえ、おっぱいだして食事終了よりは手間がかかる。
簡単に、いかに簡単に作るか、何か方法やお勧めレシピがあったら教えて下さい。
「簡単」限定です。
私の作り方。
寝る前、翌朝の朝食用のご飯を炊く際、野菜2、3かけを炊飯器に一緒に入れます。
暇な時に作っただし汁を製氷皿に入れて冷凍庫に保存しているので、
炊けた野菜と共に、だし汁氷1個をレンジにかける。そして裏ごし。
ご飯ひとさじとその倍の水を入れてレンジにかける。そしてすりつぶし。
今んとこ、午前中の食事はこんな感じ。

昨日まで出来なかった事を今日はやっている。
人間の発達を目の前の息子が見せてくれる。
たくさんの発見がある息子との日々が面白くて仕方ない。

寝返ってから、戻って仰向けになるのが出来た。「おおう!」(歓声)
おすわりをさせると常に屈伸の姿勢だが少しの時間安定する。「おおう!」
今日はおすわりで背筋が伸びた。「おおう!」
そのまま横に倒れた。「おおう!」(慌てて)

明日は何をしてくれるのか。

今朝、まだパジャマのまま朝食をとっていた時、電話が入る。
大学時代の友人からだ。
彼女のお母様は陶芸をされているのだが、息子の為に器を焼いて下さったとのこと。
届けついでに息子に会いにくる、と言うのだ。
ヤッタ!
結婚祝いにも器を頂いていたのだが、とても素敵で、私の料理をおいしく見せてくれる。
「息子の器はどんなに可愛いんだろう」と期待に胸膨らむ。
そして久しぶりの来客だ!わーい!わーい!
今日も取り立てて予定のない親子2人は、いつもと同じ時間を過ごすであろうとふんでいた
寝ぼけまなこの私に嬉しいカツが入る。
これはぼやぼやしてられない。急いで準備しなきゃ。
しかし息子には事情が分からない。ご機嫌に一人で遊んでくれるわけもなく案の定泣き叫ぶ。
私は自由に動き回れず、おんぶしたまま家事をこなす。
その間、うんちをしたり(おんぶ中のうんちは漏れるから厄介なのだ)
「眠い眠い乳くれ〜」と泣くわりに、添い乳しても寝なかったり、と思うように時間を使えず
結局間に合わなくて、息子をおぶったまま、眉も書いてなく、
眼鏡で寝癖がついたままの髪で出迎えるはめになる。
でも、いいよね。彼女達親子は私の本番顔を知ってるものね。
問題は息子だ。人見知りをしだしたんだ。
最近はご近所の方にも、散歩中に話しかけてくださるご婦人方にも大泣きをこく始末。
でもね、息子、今日はお母様とは初対面なのだよ。
第1印象が大事なんだよ。あんたは私と違っていけてる時の姿は見せてないのだよ。

だが。
案の定と言うべきか、息子、大泣きで出迎える。その後は私に抱かれたまま警戒しながらの状態。
ま、成長の一過程だからね、仕方のない事だけど。
親としては、普段の笑顔満開のかわいい姿を思う存分披露してほしかったわけよ。
そして愛想ふりまいて、また器を・・・なんて図々しい事は思わないとして。

頂いたプレゼントの息子へのかわいい器は、名前入りイラスト入りで色もとてもおしゃれ。
美的感覚を養うには、幼い頃から良いもので育たなきゃだよね。
服にしかり、音楽にしかり、息子専用の道具にしかり。こんな器で食せるなんて、いかす。
しかも私にまで、また素敵な器を。くふぅ。嬉しい!
料理の腕がなるなる!

せりなずなごぎょうはこべらほとけのざすずなすずしろ・・・なんだっけ?
今朝の朝食メニューは七草粥。
息子には、七草を入れる前の粥を取り分けておく。
数日前から息子は離乳食を始めた。
「離乳食じょ〜ず」という、調理セットを頂いていたのだが、これが便利。
おかゆなんて作るの面倒、いや、息子だけの量を作るのが面倒なのだ。
付け加えておくが、子育て中だから面倒なのだ。いかんせん手が足りない。
しかし、これを使えば、ご飯を一さじ、その倍の水を入れて、レンジでチンで、
息子一人分のおかゆ完成。3分もあれば出来る。
文明の力様々。
便利というと、当たり前になっているのが、紙おむつ。
うんちもついてる布おむつの洗濯分の時間が短縮出来るんだ。
0歳児と過ごす中、私たちの親世代はよくぞやってのけた。
それを言えば、洗濯機もガズコンロもない親の親世代とさかのぼれるのできりがないのだが。
それでも時間が足りない、とか手が足りない、とか思う私は
「できない女なのかしら?」とけなげに考え込むわけもなく。
とりあえず時間短縮の為、昼は朝食の残りの七草粥を食す事にしましょう。
ささ、息子と2人で同じメニューのランチタイム。

今年もどうぞよろしく。

福岡は大晦日から悪天候に見舞われる。朝起きると外は積雪。
息子はまだ5ヶ月なので、夫の実家への帰省は1泊だけの予定だ。
31日の朝に出発して元旦の夕方に戻る計画だったが、足止めをくらう。
午後から陽がさしてきた。高速道路の情報を確認すると規制が解除されている。
ならば、と急いで準備をし、16時に出発。
息子が一人増えただけで、1泊なのに大量の荷物。
おむつがもれた時の事を考えて、服も余分に。バスタオルも、防水シートも余分に。
息子のスキンケア剤もつめて、私の化粧道具は忘れて、息子の布団をかかえて。
お陰でとてもにぎやかな楽しい大晦日を過ごす事が出来ました。
息子との別れを寂しがる義両親にうしろ髪ひかれながら
ばたばたと自宅に到着したのは今日の18時過ぎ。
ちゃっちゃと夕食を食べ終えて、帰省の疲れを癒す間もなく息子を風呂へ。
今日は私と入浴。
かわゆいかわゆい。つんつん髪がペタっと濡れる息子の顔がこれまたかわゆい。
見つめ合いながら、親子でラブラブ浴槽につかっていると・・・
にぶいおならと共に何やらにおいが。
なななんと、浴槽でうんちをしているではないか。初珍事に慌てる。
「夫ー!!!」
大声で呼びつけ、うんちをすくってもらおうにも、時すでに遅し。
やわらかうんちだからあっという間に溶けていくよ。

今年は元旦からめでたい出来事。きっと運がついてるさ!

このアーカイブについて

このページには、2005年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年12月です。

次のアーカイブは2005年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja